ハワイ旅行まとめ記事はコチラ

ハワイ(オアフ島)を遊ぶ上で知っておきたい/押さえておきたいのが、ハワイの主要地点を巡回するトロリーバス
一度でもハワイに訪れた方なら目にしたことがあるかと思います、例のコレです(画像左のバス)

ハワイトロリー事情05
(Canon6D/EF24-105mmF4L IS USM)

kenzoの私見ですが、オアフ島であれば郊外までちょっと足を伸ばす時以外はトロリーバスで十分移動が可能です
レンタカー事情は後日記事にしますが、駐車料金や保険料金も積み重なるとそれなりの出費になるので、「ツアー料金にレンタカーが含まれている」、「大量に買い物をしたい」時を除いては、レンタカーよりトロリーバスの方がお手軽&経済的です
(以前全日程無駄にレンタカーしていました・・・

ハワイ(オアフ島)を効率的に楽しむ = トロリーバスを上手に使う事
と言っても過言じゃないかもしれません
さて、そんなおススメ トロリーバスのアレコレですが

●トロリーバスの基本

トロリーバスの巡回ルートはバスの色(赤色、ピンク、緑の3色)によって異なり、以下の図のようなルートを経由し、おおよそ10分~30分に1本間隔で運行しています

ハワイトロリーバス
(図をクリックすると大きくなります。トロリーバスHPより)
金額は大人1日19$からで、複数日をまとめてチケット購入すると安くなったり、割引チケット付きやお得な観光ツアー付きのパッケージもあるようです
(詳しくはコチラのHPで。口コミサイトはコチラ


●旅行会社のツアーによってはトロリーバスが無料
ちなみにトロリーバスですが、利用する旅行会社のツアーによって、トロリー乗り放題券などが付帯する事がありますので確認しておくと良いです
kenzoぱっと調べた限り、ANAハローツアー、HIS、近畿日本ツーリスト、JTB等の旅行会社は付帯されるようですね(ツアーによる)


●トロリーバス乗り場
オアフ島のワイキキ周辺であれば、以下画像のようなバス乗り場を街のあちらこちらで見かけます
まずはバス停で自分の持つチケットのトロリーバスが来るかどうかを確認して、
着たバスが自分の乗れる(チケットを持つ)バスかそうでないか、
を確認して乗車します
ちなみに巡回バスなので逆に乗るとグルリと1週しなければなりませんので乗る方向には注意
(写真はJTBや近畿ツーリスト、HIS等上記に揚げたツアーのトロリーバスが停車するバス停になります)

ハワイトロリー事情07
(Canon6D/EF24-105mmF4L IS USM)


●JCBカードをお持ちの方
我が家は上記ツアー会社のどれでもなかった事もあり、配布されたトロリー無料券が1枚のみでした(1日分)
そんな我が家では、JCBカードを有効利用
JCBカードを提示すれば、ピンクラインのバスが無料になります
カード所持者と同乗のご家族大人1名様、11歳以下の子供2名様まで対象となるので、パパかママがJCBカードを持っていれば、ほぼ1ファミリーは一緒に乗ることが出来ます
ちなみにピンクラインはショッピングセンター巡りなので、JCBカードで買い物してくださいって事なのでしょうね
ピンクラインのバスを有効利用するぞ」という方は、冒頭の写真左に写っているバスなので、柄をよーく覚えておいてくださいね
JCBトロリー案内HPはコチラ ピンクラインの詳細はコチラ

●ヒルトンハワイアンビレッジ近くのトロリー乗り場
ヒルトンハワイアンビレッジはメイン通りから離れている為、トロリーバスを使いこなすと楽に移動ができます
ホテル ヒルトンハワイアンビレッジ最寄りトロリー乗り場は、
アラモアナショッピングセンター方面はホテルを出て右手約100m
ワイキキメイン通り方面は道路を渡ってから右手約200m程にあります
画像はアラモアナショッピングセンター方面

ハワイトロリー事情01
(Canon6D/EF24-105mmF4L IS USM)


●トロリーバスの中の様子
開放的で気持ちの良いハワイの風を浴びながら、流れる景色を目にしつつ移動を楽しめます

ハワイトロリー事情02
(Canon6D/EF24-105mmF4L IS USM)

ベビーカーは畳んで乗る必要があるので、子連れのパパ・ママは遠目でバスが見えたら畳んでおくと乗車がスムーズです
トロリーバスからこーんなワイキキビーチも見ることができますよ
時間に余裕をもって、1週グルリと巡回してもいいかもしれませんね

ハワイトロリー事情06
(Canon6D/EF24-105mmF4L IS USM)

という事でハワイ(オアフ島)トロリーバス事情でした
最初はトロリーバス停と普通のバス停の区別が付かなかったり、どのバスに乗ればいいのかがわからなかったりするかと思いますが、トロリーバス停やトロリーバスの形状を当ブログの写真などで確認しておき、現地で何度か乗車すればスグ慣れますよー

【アラモアナショッピングセンター発のトロリーバス停の注意】

ショッピングセンター閉店時間前後のバスは異常に混み、何本かバスを見送らなければ乗れない程の場合があります。
幼い子連れの方は、早めの帰宅(もしくはホテルまでタクシーでの帰路)をおススメします
子連れハワイ旅行記2013 目次