以前のハワイ記事はコチラ

初の子連れ海外旅行だったハワイもあっという間に最終日
空港までのバスが迎えに来るまで、余った時間はトロリーに乗り込み街を一周してきました
トロリーバスの使い方はコチラの記事を御覧ください

JCBカードを所持すれば無料になるピンクラインのトロリーに乗り、ルート①(DFSギャラリア・ワイキキ)からルート⑧(キング・カラカウア・プラザ)もしくは⑨(サラトガ通り・郵便局前)まで乗ればワイキキメインストリートを15分以内で大体1周出来ます
ハワイトロリーバス
(クリックで拡大)

青い空の下、多くの人達で賑わうワイキキビーチ
トロリー散歩_1
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)
 
最終日ホテルの部屋から1枚撮影
トロリー散歩
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 

近代サーフィンの父と呼ばれるデューク・カハナモク氏の像
トロリー散歩_2
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 

トロリー散歩_4
Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

最終日の時間が余った方は、トロリーバスに乗りながら、家族で旅の思い出を語りあってはいかがでしょうか
(多くのホテルがチェックアウト後でも荷物を預かってくれます)


●帰る際の注意点
余談ですが、この後空港までのお迎えバスが到着し空港へ
帰りの便に乗り込むまでの時間がタイトで、空港内の免税店に立ち寄る時間は皆無でした
買い忘れたお土産などは、是非空港に向かう前に購入をするようにしましょう
レンタカーで空港に向かう方は、時間によっては道路が渋滞する事もあります
レンタカーを返却する時間も要する為、3時間等時間に余裕を持って空港に到着するスケジュールを立てて下さいね
(kenzoは前回それで飛行機に乗り損ねるギリギリの到着となり、かなり肝を冷やしました


またまた余談ですが、今回
帰りの便であるホノルル発17:35 - 羽田空港着 22:05(当時・2/22現在は22:15)の予定が悪天候により遅延発生
空港に到着したのが22:30過ぎ
また空港内(税関)が混雑したり、機内預けの荷物もなかなか出てこなかった為、予定していたリムジンバスに乗り込めない事態に
結果目的地とは異なる(方向が近い)リムジンバスに乗り込み、残りのルートをタクシーで帰る事となりました
羽田空港を利用の場合、到着は夜遅くとなりますので、万が一の遅延も加味した上で自宅までの帰りのルートを複数準備しておく事をオススメ致します
(特に子連れの方は動きが鈍くなりますので)

●羽田空港のリムジンバスや宿泊施設情報はコチラ
  • 羽田空港国際ターミナルのリムジンバス情報はコチラ
  • neverまとめ 【羽田空港】過ごし方-カプセルホテル、仮眠室、待機、ホテルのはコチラ
  • じゃらん 羽田空港近くの宿泊施設はコチラ