無事カンボジア~ベトナムの旅から帰国しました
出発が早朝便、現地でも夜遅くまで遊び、早朝から観光、現地をとにかく歩き回る、そして帰国も早朝便
そんなバイタリティ溢れる旅だったせいか帰国してやたらと眠いkenzoです
(あれだけ飲んで食べてた割りに太らず)


さて今回の旅で持参した荷物のカメラ関連
a653a5ad.jpg


右から
●Canon EOS 6D(ボディ)
当然今回の旅のメインカメラ
暑さの中移動する際にフルサイズとしては軽量ボディはありがたい
また高感度撮影にも強い為、夜景撮影や夜市場での散策、アンコールワット日の出撮影の際にも活躍
AF性能(-3EV)も高く、暗所で簡単にフォーカスが合うのもGood

サンプル/日の出前のアンコールワット
露出補正をしていますが、実際(肉眼)は6時前で相当暗い状態です
カンボジア_アンコールワット朝日_7
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 


●EF24-105mmF4.0 IS L USM(ボディ装着)
最も使用頻度の高かったレンズ
広角側~望遠までかね揃えてるのがGood
アンコール・ワットで近づいても良し、遠目からでも良しと万能レンズの強みを発揮
手ブレ機能もあるので夜景撮影にも強い
また防塵防滴の為、空気が乾燥し砂塵の舞うカンボジアでも安心して使用出来た一本 

サンプル/アンコール・トム南門
彫刻の位置は高さ23mですが、105mmで撮影すればこの通り(トリミング無し)
カンボジア_アンコールトム南門_8
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 


●Tamron17-35mmF2.8-4Di LD 
お馴染み超広角レンズ
使用頻度は2割程度
遺跡内(アンコール・ワットの第三回路等)と市場内で活躍

サンプル/タ・プローム寺院にて
見上げるだけでも首が痛くなる高さの迫力満点な巨木が、遺跡と同一化しています
スペースが無い場所でも超広角ならこの通り
カンボジア_タ・プローム寺院_3
(Canon6D/Tamron AF17-35mm F2.8-4.0 Di)


●EF50mmF1.8Ⅱ
お馴染み単焦点レンズ
100gと超軽量&コンパクトなので持参
カンボジアの市場で使用
久しくズームレンズを使用した後に単焦点を使うと、写りの良さに思わず はっとさせられる
が、使用頻度は1割程度

サンプル/シェムリアップ夜の繁華街、PUB STREETにて
単焦点ならでは明るさを活かした撮影が可能
カンボジア_pubstreet_5
(Canon6D/EF50mm F1.8)

●Nikon1 J1(ボディ)
サブカメラ
カンボジアとベトナム、初訪問の国で治安感が不明だった為、盗まれてもいいように持参
(夜の街で酔っ払った時など
コンパクトな為、空港内でも活躍
各国初日に活躍した後(治安感を理解した頃)は留守番


●Nikkor1 10mm F2.8(ボディ装着)
今回の旅行の為、急遽仕入れたレンズ(ズームレンズが壊れた)
軽量のパンケーキレンズで明るい&寄れるのが特長
またミラーレスで良く見られるズームレンズはわざわざ繰り出す必要があるが、電源を入れてすぐに撮影出来るのはストレス軽減でGood

サンプル/シェムリアップ空港にて
カンボジア到着後の一枚
AFも早く、ミラーレスのズームレンズのように繰り出しが必要ない為、「撮りたい」と思った時にパッと撮れるのがGood
カンボジア_シェムリアップ国際空港_1
(Nikon1J1/1 NIKKOR 10mm F2.8)


●MARUMI DHGサーキュラー P.L.D(偏光フィルター)
風景撮影の為、今回急遽仕入れたフィルター
薄い作りで広角でもケラレず、汚れも拭き取り易いのがGood
(HAKUBA製と悩んだのですが、HAKUBA製はAmazonレビューで汚れが拭き取りにくいとの事)
ちなみに一部写真でケラレが発生しているのは、Tamron17-35mmF2.8-4Di LDの広角側で保護フィルターをつけた上から装着したのが理由
(保護フィルター外すのが面倒&砂塵を考慮してという言い訳)

サンプル/プレ・ループにて
ヒンドゥー教寺院のプレ・ループ
1月はほとんど雨の降らない乾季
焼けつく太陽光の下、輝り返しを抑えた色の濃い写真を撮るのに活躍
カンボジア__1
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 



「持っていきすぎだろ」と突っ込まれそうですが、カンボジアなんてもう二度と行けない国かもしれなかったので気合入れて持参してみました
(ちなみに家族旅行の時はCanon EOS 6Dにズームと単焦点の2本)
カメラだけで総重量およそ2kg
重量とするとさほどではありませんが、これがまた手荷物に入れるとかさばる&重い
ショット数は総数1500枚
画像の整理とブログ書くのが大変です(苦笑)