カンボジア、ベトナム一人旅
画像も多く記事数も多くなると読みにくくなるかと思いますので、刻みながら記事を掲載していきます
まとめはコチラ

●2日目 
2日目の予定は、アンコール・ワットの朝日鑑賞、アンコール・トム遺跡巡り、アンコール・ワット、プノン・バケン山で夕日鑑賞という強行軍
今回の記事は、午前中訪問したアンコール・トムのバイヨン遺跡編です

カンボジア_アンコールトム_7
 (Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 
●バイヨン遺跡
第一回路~第三回路で構成される、クメール語でバ(美しい)ヨン(塔)を意味するバイヨン遺跡
宇宙の中心を当時の宇宙観で表現した建物である
「クメールの微笑み」と呼ばれる石像と、綺麗な壁画、デバダーが見所

 
精巧に作られたデバダー 
カンボジア_アンコールトム_21
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 

踊り子のデバダー
カンボジア_アンコールトム_10
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 


壁画にはそれぞれストーリー性があるので、ストーリーを知りながら見るとまたひと味違う観光が楽しめます
という意味でもやっぱりガイド(もしくは下調べ)は必要だとkenzoは思います
下の壁画は戦争に行くシーンを表現したもので、耳たぶが長い人物はクメール人を表すそうです
番号が振ってあるのは修復用の目印
なお、アンコール遺跡の修復には、上智大学をはじめとする日本の団体も貢献しています
日本国政府アンコール遺跡救済チームのHPはコチラ 
カンボジア_アンコールトム_12


中央祠堂にある観世音菩薩の四面塔(北・南・東・西に顔がある)
バイヨンにはこのような見事な観音菩薩像が54塔あります

カンボジア_アンコールトム_16
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 

中でも最もメジャーな像、「クメールの微笑」
カンボジア_アンコールトム_18
 (Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 

バイヨンの中心部に置かれる仏像
カンボジア_アンコールトム_22
 (Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM) 

数々のデバダー、観音菩薩像を堪能した後は、巨木と遺跡が共存するタ・プローム寺院へ移動します
つづく