カンボジア、ベトナム一人旅
画像も多く記事数も多くなると読みにくくなるかと思いますので、刻みながら記事を掲載していきます
まとめはコチラ

●2日目 午後
いよいよアンコールワット内部に入ります
アンコールワット_5
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)
●アンコールワット観光時の豆知識
アンコールワットにある女神を表すレリーフ(デバター)の数は約1700体。全てにモデルがあり、1体として同じレリーフは存在しない。作りかけで終わったレリーフもある
内部の見所は、回廊中に描かれてるレリーフの数々
「神々の戦い」、「乳海攪拌(不老不死を求める物語)」、「王様(スーリヤヴァルマン2世)の歴史」と、壁画にはそれぞれにストーリーがあるので、ガイドさんに説明して頂きながら見ると文化と歴史を学ぶことが出来、より一層楽しめます



●アンコールワット平面図
図上にある、北側「神々の戦い」からアンコールワット内部へ入ります


坂井様のHPより引用


●第一回廊壁画
初めて入る、アンコールワットの内部
肌にジリジリと刺激を感じる真夏の外とは異なり、日陰でひんやりとして居心地が良いものでした
アンコールワット_14

(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

下の壁画、牛に乗った18本の腕があるのは、夜摩天(日本で言う閻魔様)のレリーフ
最後の審判を表現しています
アンコールワット_27
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

神の戦いを表す壁画
アンコールワット_16
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

神の戦いを表す壁画
アンコールワット_17
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)


綱引きをしているように見える壁画は、ヒンドゥー教の物語「乳海攪拌(天地創造神話)
クメール人が好きなストーリーで、アンコールワットのみならず、色んな遺跡にこの物語を見ることが出来ます

アンコールトムの入口等 カンボジア・ベトナム一人旅 その6 ( 2日目 午前 アンコール・トム訪問 編) にある1,2枚目の写真もこのストーリーを表しているものです
アンコールワット_25
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

スーリヤヴァルマン2世の行軍
スーリヤヴァルマン2世はアンコールワットを造った当時の王様です

アンコールワット_29
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

第一回廊内部
描きかけのデバダー(女神のレリーフ)
アンコールワット_19
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

欠損の後
アンコールワット_20
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)


●第二回廊
第一回廊から階段を登り第二回廊へと移動します
下の写真は、観光者向けの写真サービス
民族衣装の人達と写真を撮ることが出来ます(4,5ショット1$と観光地にしては破格値) 
アンコールワット_23
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

ちなみに写真に写っている上の方は第三回廊
第三回廊は、カンボジア歴で定めた仏教の日は入ることが出来ません
当日1/12だった為、残念ながら入れず...

2015年仏教の日はコチラ↓
1月4, 12, 19, 277月8, 15, 23, 30
2月3, 11, 17, 258月7, 14, 22, 29
3月4, 12, 19, 279月6, 12, 20, 27
4月3, 11, 17, 2510月5, 12, 20, 27
5月2, 10, 17, 2511月4, 10, 18, 25
6月1, 9, 15, 23, 3012月3, 10, 18, 25

第二回廊の門にある彫刻
アンコールワット_21
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)


ガイドさんの説明を受け歴史深い壁画や建物の作りを堪能しました
美術、芸術作品に疎いkenzoですが、全てが手作りで緻密、それぞれにストーリーや意味がある壁画は、見ていて飽きずいつまでもその場で佇んでいたい、そんな気持ちにさせられる場所でした
楽しみ方、周り方は理解したので、翌日は時間の許す限り一人で気の向くままに再訪しようと思いながらアンコールワットを後にします
アンコールワット_4
(Canon6D/EF24-105mm F4 L IS USM)

次はプノン・バケン山で夕日鑑賞へ
つづく