最軽量・明るい単焦点レンズという事で、我が家で最も出撃率の高いレンズ「EF50mm F1.8Ⅱ」
世間でも「撒き餌レンズ」「レンズ沼の入口」との誉れ高きEF50mm F1.8、25年の歳月を経てリニューアルされるとの事
新しいレンズが2015年5月21日発売の「EF50mm F1.8 STM」

さてどんなレンズなのでしょうか

EF50mmF1.8Ⅱ
これは「EF50mm F1.8Ⅱ」

●スペック比較(EF50mmF1.8STMとEF50mmF1.8Ⅱ)
レンズEF50mm F1.8 STMEF50mm F1.8 II
焦点距離50mm50mm
開放F値F1.8F1.8
絞り羽根枚数7枚5枚
最小絞り2222
最短撮影距離 35.0cm 45.0cm
最大撮影倍率0.21倍0.15倍
駆動系STMDCモーター
フィルター径49mm52mm
全長39.3mm41mm
質量約160g約130g

EF50mmF1.8STM

以前と比べ、変更点がある部分を赤文字にしてみました
運良く日本カメラに入賞した際のレンズである現レンズに愛着あるが為、買い替えは今のところ検討してはいません
....が、それでもkenzoが惹かれるのが「最短撮影距離」

旧レンズは最短撮影距離45cm
最短撮影距離45cmだと、テーブルショットの際に「もう一歩寄りたいんだよなぁ~」というモヤモヤ感が発生するです
新レンズの最短撮影距離35cmだと、さぞかしテーブルショットも楽しいんだろうなぁ~と想像してしまいます
ちなみに、これまでのAFな50mmレンズ(サードパーティ製含む)は2.0以下の明るさで寄れるレンズが無いのですよね(大体45cm)
この10cmは大きいですよCanonさん

他にkenzoがちょっと惹かれる点
  • STM仕様でレンズの繰り出しが減った
  • プラスチックマウントから金属マウントに
  • 絞り羽根枚数が7枚になり円形ボケに
EF50mmF1.8STM 

という訳で久々のレンズネタの記事でした
買い換えする気はないけどほしーい
キャノン公式HPの案内はこちら