先日二子玉川ライズ内で行われたマグロ解体ショー
こういったのを、まともに見るのは初だったような気がするので、じっくりと見学させて頂きました

BlogPaint
(Canon6D/EF50mm F1.8)
マグロ解体するのに使用する包丁の一つ
長さが180cm位あるみたいですが、こんな細長い包丁でよく曲がったりしないものだと、包丁自身と職人さんの腕に関心

BlogPaint
(Canon6D/EF50mm F1.8)

職人さんは上手なトークと共に手際よく捌いていきます
ちなみにマグロはこれで50kgとのこと
300,400kgあるマグロなんてどうやって捌くんだろうと素朴な疑問が頭をよぎりました


BlogPaint
(Canon6D/EF50mm F1.8)

この後は販売になります
通常より安値で販売されていたので買いたかったのですが、前々日に我が家で手巻き寿司パーティーしたのを理由にママにダメと言われ残念
またの機会を楽しみにする事に
ちなみに解体ショー、希少部位はその場でじゃんけん大会をして購入者を決める等、イベントチックな一面もあり楽しかったですよ