山のマナーの一つとして、当然ながら「山にゴミを捨てない」という事があります。
これは物理的なゴミだけではなく、カップラーメンの残り汁やパスタの茹で汁も対象になります。
なぜなら山の環境を保護するのが理由。(生態系を壊さない)
カップラーメンは汁を全部飲み干せばOKですよね。
(子どもの頃、体に悪いから止めなさいとは言われていましたが

でもパスタの茹で汁は???
パスタので茹で汁の処理に関して調べると、皆さん「粉末スープを入れてスープとして再利用」をされている方が多かったりします。でも

茹でた後にどれだけお湯が余るか分からないし、
パスタだけでいいんだよ、スープはいらないんだ

そんな人(kenzo含む)の為の、今回の記事

「お湯を捨てずにパスタを茹でる」

言い換えれば、


「パスタを茹でた際に、ちょうど水が無くなるお湯の分量」


これを調べて試してみようというのが今回の趣旨です


川苔山_14
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

●調査 「そもそもパスタを茹でる際に、お湯がどれほど残るのか」
普段自宅でパスタを茹でる際は、たっぷりのお湯にパスタを入れて~が基本。
そして乾麺のパスタを茹でると、おおよそ倍の量になるという知識はありました
乾麺のパスタが100gだと、茹で上げ後の重量は200gといった具合です。
単純計算すると、「100gのパスタを茹でるのには、100gのお湯でいいんじゃない?」と思いがちですが、実際は蒸発する水分も考慮する必要があります。

色々と調べてみた結果、欲しい情報に対して実験をして下さっているサイトがこちら
ソライロノヲト
【実験】マ・マー早ゆで3分パスタで茹で汁を残さない最適な水の量

結論から言うと、「標高0mで最適な水の量は160g」
素晴らしい感謝致します



●実験 その1「材料」
今回の材料はこちら

  • マ・マーの「ミニ 早ゆで3分スパゲティ 太さ1.6m」(300g)
  • キューピーの「あえるパスタソース燻製ベーコンのペペロンチーノ」(2食分)
ミニ 早ゆで3分スパゲティはパスタの長さが通常より短いので、登山の持ち歩きにもピッタリ
また企業努力により通常のパスタより早ゆで出来るのは、ガスの節約にもなりお得
またあえるパスタソースは、茹でたパスタに混ぜるだけなので超絶お手軽
両方で500円程度、大盛りで2食分のパスタを楽しめます


早ゆでパスタとあえるペペロンチーノ

(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


●実験 その2「ロケーション(環境)」
今回の実験環境は標高1363.3m、川苔山の山頂で実験
4月末、気温は15~20℃位(うろ覚え)

川苔山_16
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


●実験 その3「茹でてみよう」
標高が高くなれば沸点が下がる為、湯で時間が増える=>茹でる水量が増えると判断
記事では標高0mでは160mlがジャストとの事でしたが、今回180mlを目安にし、4分間茹でてみました。
ちなみにクッカーと水量的に、ミニのスパゲティでも半分にへし折る必要があります。
茹で始め当初、「オイオイこの水分本当に無くなるんかい」とちょっと慌てましたが、4分間茹でていると徐々に水分が無くなってきます。
最終的に4分でジャスト水分がなくなりました

川苔山_14
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


●実験 その4「実食」
水分がなくなった所で火を止め、あえるパスタソースを投入し混ぜ混ぜ
本当に大丈夫だろうかと不安のまま一口目を口にすると


こりゃ美味しい

茹で加減もちょうど良くアルデンテ気味
水分も残らず、変にソースも水っぽくならず、美味しいスパゲティが出来上がりました
美味しい一食を口にすることが出来ました

川苔山_15
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


実はこれまで山でスパゲティを作りたいと思いつつ、敬遠していた理由が「残り汁をどうするか」(残りの水分不明&スープは不要)でした。
今回の実験で無事クリアし、
ちなみにキューピーのあえるパスタソース「燻製ベーコンのペペロンチーノ」もかなりオススメの美味しさでしたよ


●まとめ 山メシレシピ「お湯を捨てずに美味しくパスタを茹でる」
  • 1500m前後の山で100gのパスタを茹でる水分量は180mlが目安
  • 標高が高くなれば、表示時間よりちょっと長めに茹でるのが良い
  • ミニ 早ゆで3分スパゲティは登山で持ち運ぶのにちょうど良い
  • キューピーのあえるパスタソースうまし
  • お湯を捨てずにパスタを茹でれば、汚れるクッカーは一つだけ

標高が2000m前後、もしくはそれを超える標高であれば水分量は更に多めにする必要がありそうです。

山でスパゲティを茹でる際の参考になれば幸いです