登山入門!!!富士山登山 その3(8合目~9合目 編)

8合目に向かう道のり。
登山道が砂地で足がとられやすくなり、登るのが徐々にシンドくなりはじめました
同時に疲労の蓄積、酸素が薄くなった事で全員がペースを落とし、疲労の表情が見えるように。
休憩しては足を進め、を短いペースで繰り返しながら徐々に歩みを進めます
富士山_須走ルート_14
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


【12:22】八合目 (下)江戸屋着
7合目以降はチェックポイント(○合目)が短い感覚で用意されているので、体力的にも精神衛生的にも助かります
おや、「本」がついていない八合目?と思った方、察しが良いです
本八合目は更にこの先です
ここで後発チームを待つ為、30分程休憩をします。

富士山_須走ルート_16
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)
八合目より下の様子。
写真のちょうど中央、赤い服を着てゾンビのように歩いているのがパーティーのM君(趣味卓球。富士登山2度目)
普段仕事バリバリなM君、職場ではめったに見れない疲労困憊の表情を

この辺りでお助けとして後方組のリュックを取りに行ったkenzoでしたが、このピストンで死亡状態に
富士山_須走ルート_18
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

ここまでの天候は曇りと晴れが入れ替わりという状態に
雨が降らない事を祈るばかりでした。
富士山_須走ルート_17
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


【13:15】本八合目 江戸屋着
本当の八合目、略して本八合目の(胸突)江戸屋到着。標高3400m。

富士山_須走ルート_19
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

もう一つの本八合目の山荘、トモエ館。
20分程休憩した13:35出発
富士山_須走ルート_20
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


【13:50】八合五勺 御来光館到着
八合5勺、8.5合目の御来光館到着。標高3450m。
「九合目近いじゃんよ」と思って到着したのが8.5合目という脱力極まりないオチ
しかも苦労した割に8合目から標高50mしか上がってないという現実

富士山_須走ルート_21
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

BlogPaint
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

8.5合目から山頂を見上げると、雲と日光によるコラボで神々しさを感じつつ、この先の苦難な道のりが。。。
富士山_須走ルート_23
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


【14:25】九合目到着
ついに九合目到着。標高3600m。

富士山_須走ルート_24
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

九合目から下を除くと。。。ごらんの様子
皆よくまぁこんな所登ってきたなと

富士山_須走ルート_26
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

九合目、周りを見渡すと私達だけでなく他の登山者も皆バテバテ
しかも相当寒い九合目。気温だけでなく風当たりが強い、また吹きさらしの為、ここで後方チームを待つのは困難な状況に
すると後方チームから「先行って下さい」との伝令が。
パーティーを別けるというのは非常に不本意ながらも、寒さには耐え切れず

BlogPaint
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

ある程度パーティーをまとめ、休憩した後
14:49 九合目発
あともう少しで山頂です

続きます