今年初となる登山行ってきました
といっても1月のお話を今更の記事に。
さて、年明け早々に行った山は一昨年からターゲットをし、昨年登る予定にしていた奥多摩にある鷹ノ巣山
鷹ノ巣山は標高1700mで東京都第二位の標高という、言わば東京登山の中ボスに位置する山。
山頂へは様々なルートがありますが、今回奥多摩三大急登と言われる稲村岩ルートで体力測定とステップアップを兼ねて山頂を目指します

鷹ノ巣山_登山_201701_19
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

●鷹ノ巣山豆知識
東京都西多摩郡奥多摩町にある標高1,736.6mの山。
東京都最高峰の雲取山から東に奥多摩駅まで伸びる尾根は石尾根と呼ばれ、石尾根の中間に位置するのが鷹ノ巣山。


そして単独登山の多いkenzoですが、今回ブログお友達のくらげさんとご一緒。


くらげさんのブログはこちら→くらげ模様
 

●鷹ノ巣山登山スケジュール(予定)
  • 06:52 奥多摩駅
  • 07:27 バスで東日原バス停へ (30m)
  • 08:07 東日原バス停
  • 09:45 稲村岩(105m。バッファ45分)
  • 11:45 ヒルメシクイのタワ(120m。バッファ30分)
  • 12:35 鷹の巣山山頂(50m。バッファ30分)
  • 昼休み(60m)
  • 13:35 下山開始
  • 14:25 水根山 (50m)
  • 石尾根縦走路(六ツ石山。奥多摩方面へ)
  • 将門馬場
  • 六ツ石山(エスケープルートあり。直線で水根まで2.6km)
  • 狩倉山
  • 15:35 三ノ木戸林道分岐 直進 (120m。バッファ15分)
  • 三ノ木戸山
  • 六ツ石山登山道入り口
  • 18:00 奥多摩駅(155m。バッファ15分) 
鷹ノ巣山までのコース
鷹ノ巣山_登山_201701_1
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

と言うわけで始発で奥多摩に向かいます。
電車の中で偶然ばったりなくらげさんと奥多摩駅よりバスに乗り、東日原まで

【7:53】 東日原バス停 
東日原バス停でトイレを済ませ、朝食とストレッチをして出発


【8:12】 登山口 
5分程歩道を歩くと、見えてきました稲村岩ルートの案内板。
奥に見えるのはきっと稲村岩(デカイ
ここから階段を下り登山口へと。
鷹ノ巣山_登山_201701_2
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

清流を見ていると心地よさを感じますね。
鷹ノ巣山_登山_201701_3
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


【8:39】ボロ橋
こちら、給水エリアとメモしていましたが、今回給水無しで先を進みます。

鷹ノ巣山_登山_201701_5
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)


【8:56】 稲村山(予定より-50分)
予定より-50分ですが、バッファを除外すれば大体オンタイム。
稲村山を下から見上げた様子。
kenzo:「すごいな。。。くらげさん、ココ登ります?」
くらげさん:「今回止めておきます」
kenzo:「その意見に賛成です」

こんなやり取りをしつつ先はまだ長いという事で、余力を温存すべく稲村山はスルー。
ここで5分程休憩をし、先に進みます。
次のチェックポイントはヒルメシクイのタワ(ここからおよそ120分。うちバッファ30分)

鷹ノ巣山_登山_201701_6
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

石尾根縦走路を鷹ノ巣山方面へ向かいます。
鷹ノ巣山_登山_201701_7
(Olympus Pen Mini E-PM2/M.ZuikoDigital14-42mm F3.5-5.6 IIR)

急登はこれからが本番(多分)
続きます。